English Here
コミュニティの
「未来回路 2.0」に写真寄稿。

自分の作品の「1992-1993-1994」から編集長に選んでもらって、年月を指定したメールを受け取るようにした。この年月は正確な撮影年月ではもちろんなくて、今まで撮影した写真からランダムとはいえない、ある種の主観から日付欄へ写真は貼ってある。未来の手帳なのだから、現在に生きる俺には当然ことである。

データとして半分整ったので、明日にでも送信することにする。

12月発売予定。「未来回路 2.0」

そして、無理がなければ、明日精興社へ寄って、印刷があがっている「宮下公園」を金銭と交換で受け取り、新宿IRAの木曜ヌーマンで和綴じ製本にとりかかる 予定。
本を縫いたい人、「きてね!」
「宮下公園」は800円で売らないと、割りに合わない。その哀しみと可笑しみともども、ひっくるめての
21世紀だ。

いいねぇ。
この「きてね」という言葉。
来てね。と着てね。そして転ぶと汚ねぇ。になる危うさ。
[PR]
by docore | 2010-11-11 02:40 | S
<< 枝川  ここからとおく >>



ワンカップフォトス onecup photos 
by docore