English Here
月を運ぶ
「月を運ぶ」というタイトルの短編映画を去年の初夏に編集した。撮影はおととしの夏のことだ。
それが、やっと出口がみえてきたような状態である。
だが、その出口もまた、次の暗い洞窟への入り口なのかもしれない。
と、いうのも、私は映画を撮ろうなんて、これっぽっちも思っていないし、映画を作っているとも思っていないのだ。

だが、東京のような込み入った場所に生活していると、環境として、そして素材として、「映画」というものが視野と聴覚に入ってくる。

先週、早稲田のあかねへ行き、毎週木曜日を中心にカウンターに立つ、ぺぺ長谷川に、「上映をしたい」と申し出たところ、
「わかりました」と前向きな返答を受けた。

3月18日の木曜日に20時に、早稲田のあかねで「月を運ぶ」という短編映画は上映される。

そのことについて、書いていきたいのだ。
基本的な上映方法は、映画におけるDUBを目指している。
それが、どのようになっていくのか、見当がつかないが、上映を重ねるごとに、音がかぶさっていくようにしたいのだ。
つまり、初回に上映された時の観客の発する音を拾い上げて、
その音を次回にかぶせて上映する。そして、次の上映会でも、観客の発する音を録音し、その次にかぶせていく。

楽しみなことではあるまいか?

そして、何故、そのようなことをするのかを考えつつ、その予期せぬ成果に期待する。
[PR]
# by docore | 2004-03-09 02:58 | 月を運ぶ



ワンカップフォトス onecup photos 
by docore
カテゴリ
全体
月を運ぶ
ワークショップ
P
E
T
OCR
S
D
O
未分類
お気に入りブログ
Report 藤浩志企画制作室
ウラゲツ☆ブログ
音楽家 高橋英明
ホームレス文化
イノレコモンズのふた。
  
art blog VOI...
cafe_mearium
NPO法人 BEPPU ...
Edición iman...
246表現者会議
ラディウム - レントゲ...
中崎透遊戯室/NAKAZ...
MAKII MASARU...
アート天国 「虎の巻」2...
路地と人
最新の記事
終夜
at 2014-01-17 02:53
大原大次郎
at 2013-07-28 03:28
芸公の壁
at 2013-01-25 06:25
TAT
at 2012-11-01 06:22
アフター ’(アウターもしく..
at 2012-03-21 01:23
R
メモ帳
ライフログ
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧