English Here
<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
Uボートは 陰毛を   刈る
新宿眼科画廊 ~3月30日

■ 2011年3月25日(金)~30日(水) 12:00~20:00 (初日のみ18時開場 / 最終日~17:00)
* オープニングレセプション:2011年3月25日(金)18:00~20:00
■ 「Uボートは陰毛を刈る」
■ 貝塚歩 / 堅田好太郎 / 桐川典子 / 伏木庸平

なんとなく、まちわびていた気がする。
去年の夏ごろに、アイランド ラピュタで経験した途中経過の展示を横目で見ていたので、現代美術の範疇の「映像表現の可能性」を感じていたのだ。
感じていたから、待ちわびてしまった。
a0008164_17172130.jpg


待ちわびて、会えたのだから、今は何も言うことはない。
東北関東大震災の影響で節電モードの新宿の街は、今回の展示のために照明を落として待っていてくれた。行き場を失ったニンゲンが行きかう街として、新宿は機能している。
新宿文化センターへ続く道は俺にとってはけもの道で、普段はあまり利用しない。
四半世紀前に、歌舞伎町でそばやと風俗の店にかかわっていた時代にも、あの道は遠慮がちに通っていた。なぜか?
そんな道の見落としがちな物件に、新宿眼科画廊はある。
オーナーの田中さんが、画廊を拡張しようとしていた頃に、トイレで何か、やらせてよ。
と俺はなかば無理やり、そして大きな確信を抱えて、頼み込んだのだ。
(確か彼女は歯の治療で、日々朦朧としていた)
トイレで何かやる。というのは明確な、マルセルデュシャンへの返礼である。
とにかく、「便器」に、彼の反芸術性がつくりあげた芸術性に対して、なんらかの返答の
意思表示をしたかったのだ。「模倣」を超えて。

あとから知ったことだが、そのトイレのしつらえというか、トイレの色合いは中崎 透によるものだった。
と誤解していた。後日本人から直接指摘された。

まぁ、それはそれで改めて考えるとして、
アムステルダムから戻ってきて、えいや!と 
俺は作品を設置して、それは、新宿のトイレの丸い部分に反逆説的に、反反射的に輝いていると思う。
いつか、その鏡の真ん中にいる、中平卓馬さんも、この空間内の逆説性について言及してくれるはずだ。

待ちわびているうちに、街は待ちくだびれていて、まちぐずれてしまったかのかもしれない。
そんな街の中で、どう
間違えない待ち合わせをこれからしてゆけばいいのか ・・・ ?

眼科画廊のホームページから展覧会詳細
[PR]
by docore | 2011-03-26 06:43 | 月を運ぶ



ワンカップフォトス onecup photos 
by docore
カテゴリ
全体
月を運ぶ
ワークショップ
P
E
T
OCR
S
D
O
未分類
フォロー中のブログ
Report 藤浩志企画制作室
ウラゲツ☆ブログ
音楽家 高橋英明
ホームレス文化
イノレコモンズのふた。
  
art blog VOI...
cafe_mearium
NPO法人 BEPPU ...
Edición iman...
246表現者会議
ラディウム - レントゲ...
中崎透遊戯室/NAKAZ...
MAKII MASARU...
アート天国 「虎の巻」2...
路地と人
最新の記事
終夜
at 2014-01-17 02:53
大原大次郎
at 2013-07-28 03:28
芸公の壁
at 2013-01-25 06:25
TAT
at 2012-11-01 06:22
アフター ’(アウターもしく..
at 2012-03-21 01:23
R
メモ帳
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧