English Here
<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
批評のジェスチャー
We will not stop the gesture of criticism.
It could become a critic of the city was in the act of monitoring itself.
我々は批評のジェスチャーを止めない。
それは監視された社会の批評になるからだ。

ということで、フラッシュ・モブ。
ルール1・2を思い出しつつ、

Tokyomobからのお知らせでした。
[PR]
by docore | 2009-11-25 05:16 | 月を運ぶ
日記
11月29日まで、映像祭。
横浜 BankART NYKのアンデパンダン展示、うちにもって帰ろう!
でもどうやって?
a0008164_28222.jpg


「日記」と、藤井光 撮影・編集による「丸鏡」をDVDに入れてみた。サウンドは数年前の京都大学吉田食堂でのイベントでの、ワンカップを叩いている音と、auの防水携帯電話で、東京にいる横川タダヒコさんとコンタクトマイクを使ってのセッション。美術家の溝口慎一も舞台上で下駄を使ってリズムを作ってくれて、かつ、四穴ハーモニカも吹いていた。
「丸鏡」については、いろいろと思うところがある。とても、気になる影像になっている。
a0008164_29383.jpg


1200円。

月末頃に、高円寺の素人の乱12号店で第五回 馬橋映画祭でも上映されます。未公開であるという条件をクリアできなかったので、飛び入り上映だそうです。
「大誤解! 馬橋映画祭?」となってもいいような、ジェレミーの、「映画から足を洗って、ボーカルをやりたい!」発言に、頭が少し、クラッとした。それにしても、石狩亭。
[PR]
by docore | 2009-11-23 02:15 | P
トロール
a0008164_1373673.jpg

バスで南へ下り、善福寺へ向かう。
トロールの森と名づけられた野外展示会を見に行く。赤塚さんの、父の作品からオノマトペを抽出して展示するという行為にひそかな期待をして出かけたのだ。そして、他にも知っているアーティストの名前があったから。
確かに、「シーン」と静まり返っている状況を言語化したものは、オノマトペだとは思う。が、ジリリリーンとか、お疲れ様でした。などはオノマトペとは言わないだろう。などと引っかかってみたけれど、この、「シーン」には恐れ入った。さすが、赤塚不二夫の娘だ。銅像の周りに言葉を並べたのも、せわしなく、可笑しみにあふれ、そしてやがて物哀しくなる。ジリリリーンなどの擬声語もオノマトペというそうです。どうもオレはよく判っていない。

a0008164_1375378.jpg



a0008164_138795.jpg



トロールの森
a0008164_224940.jpg

a0008164_231246.jpg
a0008164_23279.jpg
a0008164_234629.jpg
a0008164_24274.jpg
a0008164_241981.jpg
>
[PR]
by docore | 2009-11-23 01:48 | 月を運ぶ
住友文彦
・映像はあくまでも道具である。というところに立っている。
・制度のところに、もっと根本的な問題がある。

なんやかんやと、問題を掘り下げつつも、掘り起こせ切れていない感じがするのは、港町だからだと思う。
波止場に打ち寄せては返す波をつかみとろうとするのが、住友ディレクターなのだろう。
はなから、あとあじが悪い気がするのは、決して時代のせいではないとは思うのだが。

ぼくの立場からは、「CREAM」がフェスティバルでなくてもかまわないし、そもそも「映像祭」なんてものがなくてもかまわない。あれば、なんらかのメリットはあるのだろう。そして、無理やりにでも執り行っておかないと、出会えない映像作品群があることも事実だし、違和感のある空間で経験する映像体験にも可能性は感じる。

祝祭的な空間・期間において、体験する「映像」というものとの距離の取り方を体験するためにも、そろそろ、横浜へでかけようと考えている。

今日かな?

「CREAM」


動画はインディー・メディア ?

問題は
問題は、果たしてこれで情熱を共有できたのでしょうか?
(藤幡正樹 : ARTitの公式ブログより。作品撤去の顛末について・)
[PR]
by docore | 2009-11-03 09:57 | 月を運ぶ



ワンカップフォトス onecup photos 
by docore
カテゴリ
全体
月を運ぶ
ワークショップ
P
E
T
OCR
S
D
O
未分類
フォロー中のブログ
Report 藤浩志企画制作室
ウラゲツ☆ブログ
音楽家 高橋英明
ホームレス文化
イノレコモンズのふた。
  
art blog VOI...
cafe_mearium
NPO法人 BEPPU ...
Edición iman...
246表現者会議
ラディウム - レントゲ...
中崎透遊戯室/NAKAZ...
MAKII MASARU...
アート天国 「虎の巻」2...
路地と人
最新の記事
終夜
at 2014-01-17 02:53
大原大次郎
at 2013-07-28 03:28
芸公の壁
at 2013-01-25 06:25
TAT
at 2012-11-01 06:22
アフター ’(アウターもしく..
at 2012-03-21 01:23
R
メモ帳
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧