English Here
<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
現代美術製作所
入り口の扉を閉めつつ、痛々しい柵に誘導されて、空間に導かれる。
壁にかけられた黒い布には社会運動の現場の記録が転写され、その下のトラメガからは「声」がより象徴的に響きだされている。鉄筋の先端を鋭角に削りあげた侵入を防止する攻撃的な柵はすいぶんと低い位置に設置され、社会の中での防御するべきものを問いただすと同時に、防御の意味自体も問う。

青いプラスチックの板は「青空」のメタファーである。と言い切りながら矩形に切り取られた青(空)はビルの隙間から見える空景(GAZE)である、と思い直してみる。
そこへ藤井はさっそく飛び込み、青空を体当たりで割る。
砕けた青い破片は散らばり、一つ一つに金網や白い壁や天井を写しこんでいる。
青空はソーラーシステムで働く小さなデジタルビデオカメラにより監視されている状態で、その下には「NO ART」そして「NO TOKYO」と続くのか。
その言い回しは、SONYのおかげで、アートがなければ東京じゃない。と自動翻訳が頭の中でなされるが、気分的には、「アート いらない」「東京 いらない」という響きに変わる可能性もある。

奥の部屋で上映されている映像作品をまっすぐに鑑賞し続けれらる人がどれほどいるのだろうか?
私はおりしも、42日間の勾留を経て一時的に保釈された身で藤井 光の展示を見たわけだが、身につまされる感覚が邪魔をして素直には映像から流れてくる抗う声に同調するのは難しかった。
これはまた、面倒なことではる。
だがしかし、藤井がとる態度はこの世界の力のありようを問うものであり、その問いを突きつけてゆくことの出来る力が藤井の映像のスタンスにはある。


それにしても、空間の中でこれほど青と黒が印象的に配置されているのを経験するのも珍しい。
ニブロールの矢内原くんが徹底的に黒と青でファッションショーを競技場で展開したのを見たとき以来だ。
それからというもの、青と黒が近づくと矢内原くんのことを思い出すようになってしまったが、今後はこの空間の光景を先に思い出して行くのだろう。

現代美術製作所 藤井 光 「芸術 起源 デモクラシー」  2009年9月19日(土)~10月4日(日)

a0008164_3454070.jpg


More
[PR]
by docore | 2009-09-21 03:45 | 月を運ぶ
masuii R.D.R.
a0008164_1464440.jpg

川口にある、ノンプロフィツトの空間であるmasuii R.D.R.にて一週間、「川口百景」がらみで「展示」が始まる。9月21日から27日。写真グループ展 「Photo Cruising Kawaguchi 」と銘打たれて、酩酊まみれで、いろいろな出会いが当然はじまってゆくのだろう。鉄で栄えた街と写真は鉄と黒化銀で金属的にどこかでつながっている。

さっき、といっても数時間前に作品が生まれたのだが、約束された搬入時間にどうしても自分の体をあちらへもって行くことができないので、会期半ばからの参加になる。

展示予定の、丸鏡に収められた風景写真は、かつては商工会議所として使っていたビルからの眺めだが、西川口という土地の記憶の中の匂いをかげば、鏡はまた別の意味を帯びてくるようだ。目論んでいることのひとつに、空間と視点のずれを掲げてみたけれど、R.D.R.が空間としてもつ、迎え入れる余裕に打ち勝つことは出来そうも無い。たいていギャラリー空間というものは、それだけで充分魅力的なものだ。
あの、魅力的な大ガラスに一点、視線を釘つける点に、すとんと丸鏡をおけることを望んでいる。
または、盲点を探し出して、その一点にかける。(架ける・賭ける)

個人的には川口の魚屋でマグロのほほを買い求めることができる生活的な時間の余裕が、とても嬉しいのだが、土手を歩いてみたり、道に迷ってみたり、頭の中で、投げ網を打てば水っぽい物語がわんさかと捕獲できそうな荒川の存在感を再確認したり、川沿いを歩き始めると人は人類学的な感傷に浸り始めてしまうという妙な行きつ戻りする感覚を楽しんだりするには、荒川はうってつけかもしれない。
[PR]
by docore | 2009-09-21 02:10 | P
気になる展示 等々
藤井 光 ---現代美術製作所 個展/藤井光「芸術、起源、デモクラシー」
※ 戸籍にそうは記されていないが、私の出生地は墨田区業平である。そのような原初の記憶を私はあえて問おうとはしないが、今回のタイトルにもある、「根源」の意味に触れるにも、向島へ出かけるということは、母の胎内と、父の欲望に触れるいい機会である。

ジョンのワークショップ 新宿IRA software freedom
※ ネット上は思想的に自由な発想から組み立たれている。ということを実感するワーク・ショップだと思うが、
ジョン・パイレーツの思想性と人間性が、すこぶる良い。そして・・・。

swanp in nadiff
※ 考えてみれば、随分定期的に行われているイベントだが、期待するのは、12日の螺旋階段を発音体にして行われる、関根のライブ。

それにしても、ああ。

More
[PR]
by docore | 2009-09-19 11:26 | 月を運ぶ



ワンカップフォトス onecup photos 
by docore
カテゴリ
全体
月を運ぶ
ワークショップ
P
E
T
OCR
S
D
O
未分類
フォロー中のブログ
Report 藤浩志企画制作室
ウラゲツ☆ブログ
音楽家 高橋英明
ホームレス文化
イノレコモンズのふた。
  
art blog VOI...
cafe_mearium
NPO法人 BEPPU ...
Edición iman...
246表現者会議
ラディウム - レントゲ...
中崎透遊戯室/NAKAZ...
MAKII MASARU...
アート天国 「虎の巻」2...
路地と人
最新の記事
終夜
at 2014-01-17 02:53
大原大次郎
at 2013-07-28 03:28
芸公の壁
at 2013-01-25 06:25
TAT
at 2012-11-01 06:22
アフター ’(アウターもしく..
at 2012-03-21 01:23
R
メモ帳
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧