English Here
<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
tonarino kiyaku ha yoku kaki wo
隣の客はよく よく

柿をもってゆけというので、もらった。
横尾さんの庭でもいだ柿だそうだ。
彼は、デザイナーから画家へ転身した人物で、その芸術というか、アートの領域では、大きな不思議な力を発揮しつづける男の家の庭の柿を、数年来、画家の家のお手伝いをしているという女性から、もらった。

温暖化の風が漂う中、そのような柿をいただいても、こちらも困る。
いや、別段、困りはしないが、喰うには小ぶりすぎるし、かといって、持ち運ぶに困るわけでもない。

父の納骨の日に、なんだか、持ち帰りの荷物が多すぎて、そして年末の仕度のためのあれやこれやの買い物もひかえているのだが、柿、みっつくらいなら重くて持ち帰れないということもない。

柿をひとつ皮をむいてもらって食べてみたが、首をかしげる程度の味で、だからどうだ、とも言えない。
きっと、染めのために柿の成分を使うとか、この汁を板の間の磨きに使うとか、そのような為に、この実があるのだろうと、父の行方の知れぬ白い骨と、沈鬱に輝く柿の丸みを帯びた表面を眺めながら、ひとつかみでみっつの柿を握るという行為を生まれて初めてしたことに対して、驚いている、

阿呆ものがこの私だ。


a0008164_11414165.jpg

[PR]
by docore | 2008-12-21 11:41 | OCR
Last book
Attached is the ad the National Library placed in the Argentinean newspapers, sent to me by some of the participants in Argentina. Also a little video on
Youtube: http://www.youtube.com/watch?v=s9Y-06nidvQ

あなたが管でないことぐらい知ってますが、マドリッドで始まるはずだった
「LAST BOOK」が、アルゼンチンで始まってます。
紆余曲折という言葉の意味を投げかけるにも、ちょうどいい塩梅の冬空の下で、
そもそも、最後の本なんて発想が勝手すぎる。

ルイス・カミンツアーへ
カミンツアーという音感が、どうしても(仮眠ツアー)に変換されてしまう。
というようなことを、どうでもいいような態度で、伝えるための訓練をしている。
と、野暮な言語で書いています。

アルゼンチンの方々、ぜひ、図書館へでかけて、自分の夢と挫折に火をつけて。
気をつけて。

a0008164_17183283.jpg

[PR]
by docore | 2008-12-09 17:18 | 月を運ぶ
ブダペスト
IDの展示、ブダペストで用意されています。
a0008164_125934.jpg

ID Your documents please
[PR]
by docore | 2008-12-01 01:03 | 月を運ぶ



ワンカップフォトス onecup photos 
by docore
カテゴリ
全体
月を運ぶ
ワークショップ
P
E
T
OCR
S
D
O
未分類
フォロー中のブログ
Report 藤浩志企画制作室
ウラゲツ☆ブログ
音楽家 高橋英明
ホームレス文化
イノレコモンズのふた。
  
art blog VOI...
cafe_mearium
NPO法人 BEPPU ...
Edición iman...
246表現者会議
ラディウム - レントゲ...
中崎透遊戯室/NAKAZ...
MAKII MASARU...
アート天国 「虎の巻」2...
路地と人
最新の記事
終夜
at 2014-01-17 02:53
大原大次郎
at 2013-07-28 03:28
芸公の壁
at 2013-01-25 06:25
TAT
at 2012-11-01 06:22
アフター ’(アウターもしく..
at 2012-03-21 01:23
R
メモ帳
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧