English Here
創造と破壊
二度ほどしか立ち寄れないでいるが、旧フランス大使館にて行われている現代美術の展覧会を右手側に80年代にセゾン美術館で行われた「フランス現代美術展」のカタログを手繰り寄せながら記述してゆく。


会場を歩いてみて、展示構成の緻密さと儚さを思い知る。
やはり、その人を幾分知っている、ということから、岡田裕子、anne,の作品行為が身にしみてくるが、木を赤いロープで亀甲縛りしてあったり、わかりやすい悪戯のようなものや、鼻血とか、「赤い色」が記憶に残りやすい。
今は。
[PR]
by docore | 2009-12-20 07:07 | 月を運ぶ
<< REFLECTION きゃのぴー >>



ワンカップフォトス onecup photos 
by docore
カテゴリ
全体
月を運ぶ
ワークショップ
P
E
T
OCR
S
D
O
未分類
フォロー中のブログ
Report 藤浩志企画制作室
ウラゲツ☆ブログ
音楽家 高橋英明
ホームレス文化
イノレコモンズのふた。
  
art blog VOI...
cafe_mearium
NPO法人 BEPPU ...
Edición iman...
246表現者会議
ラディウム - レントゲ...
中崎透遊戯室/NAKAZ...
MAKII MASARU...
アート天国 「虎の巻」2...
路地と人
最新の記事
終夜
at 2014-01-17 02:53
大原大次郎
at 2013-07-28 03:28
芸公の壁
at 2013-01-25 06:25
TAT
at 2012-11-01 06:22
アフター ’(アウターもしく..
at 2012-03-21 01:23
R
メモ帳
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧