English Here
ごとごととゴトウの音がする
a0008164_6213352.jpg

五嶋英門。
水戸の遊戯室について考えていたら、水戸芸とキワマリ荘の間に、やはり、プレイ ルームがあって、
日本の文化を「PLAY」の側面から考えても面白いのではないか?
いや、別に、ぼくは面白くなくても、ぜんぜん、大丈夫なんだけれど、自分の時間を裂く、というときには、
だれでも、なにがしかの面白みや興味をそこにみつけているから、その場というか世界に身を晒していると
了解している。

いや、なにが面白いかというと、
今流行の、クサリ系という言葉で片付けてはいけないのが、五嶋で、
彼の作品世界に初めて、足を踏み入れたわけだが、なんだか、ヒッピー・サイケ文化をひとりで背負って、なおかつ、唾棄している感じが良かった。
LSD文化を経て、まだ、だらしなくならずに、空間を攻めていこうという意思を感じた。
本来、音を聞き込むべきなんだろうけれど、彼のプレゼンの、300円で2~3曲、販売します。というすがすがしいんだか、糸をひいているのだか、判別つかない、インフォメーションが欲望を刺激する。
マッチ売りの少女みたいだ。

水戸芸の美人学芸員と、コロコロの話をしているときに、目の前に置き放たれた五嶋がテビネッタ、オブジェを
「悪くは無い。」と思うのは、やはり、コロコロの話題による、心の開き具合と閉じ具合に拠るものだと思う。

コロコロ。
と直毛。

わかる人にだけわかる話で、いつも申し訳ないとは思うが、今年のメーデーの準備で、世界、60億のうち、
55億人ぐらいは、てんてこ舞いな日々をすごしている、この季節、FERIMiN MUGURUZAの販促の仕事をしているという男から、ぼくがやっているバンドです。と手渡された、「赤い疑惑サンプラー」というCDのなんか馬鹿っぽい感じのジャケットを眺めて、ここらへんと五嶋の違いはドコラ辺か?と考えてみるけれど、
双方の音をまだ聞いていないので、完全には言い切れない。

フェルミン ムグルサのムシカ イノセンテというやたら、ゲストが濃密な音源を聞いておこうと思い立ち、

バスク!
バスク パンクという、「語義矛盾しているのでは?」と思わせる音楽領域もあるというが、なんだか、水戸というのも、バスクっぽいのかもしれない。
否、もうすこし、洗練されているか。
否、そんな知ったかぶりしてたら、バスクからも水戸からも非難を浴びるのは、必至だ。

なんというか、独立している感じが、すがすがしくするのだ。

チェ スーメイの作品からは、あきらかに音が効果的に、かつ敵対的に使われているのだが、なんだか、こう、
会場を出て、オザワセイジが待ち構えている感じが、「息を抜けない」で、とても美しかった。

なんとなく、昨夜は新宿にいて、知り合いの場所開きに出向いていたので、
とても良く、開く。という気分から、物事を考えています。
新宿の洗濯屋を改装して、カフェびらき。あさびらき。

ほんとうに、わかる人だけに、わかる感じで、申し訳ないです。
[PR]
by docore | 2009-05-01 06:35 | 月を運ぶ
<< いうこときかない ますます増山を知ろうと思った >>



ワンカップフォトス onecup photos 
by docore
カテゴリ
全体
月を運ぶ
ワークショップ
P
E
T
OCR
S
D
O
未分類
フォロー中のブログ
Report 藤浩志企画制作室
ウラゲツ☆ブログ
音楽家 高橋英明
ホームレス文化
イノレコモンズのふた。
  
art blog VOI...
cafe_mearium
NPO法人 BEPPU ...
Edición iman...
246表現者会議
ラディウム - レントゲ...
中崎透遊戯室/NAKAZ...
MAKII MASARU...
アート天国 「虎の巻」2...
路地と人
最新の記事
終夜
at 2014-01-17 02:53
大原大次郎
at 2013-07-28 03:28
芸公の壁
at 2013-01-25 06:25
TAT
at 2012-11-01 06:22
アフター ’(アウターもしく..
at 2012-03-21 01:23
R
メモ帳
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧