English Here
くもの
文字入力をパソコンでばかりやっているから、「蜘蛛」という漢字すら書けなくなっている。
「蜘蛛」と書くことができないくせして、「蜘蛛」を「くも」と読むことはできる。
それでも、普通のフォントで「蜘蛛」と記されても、じっくり見ると、もはや「くも」とは読めない。
瞬時前の変換窓のようなところにある、比較的大きなフォントで「蜘蛛」と出るから、「くも」と読めた。
それも、読めたような気になっているだけかもしれない。

「蜘蛛」

y150と打ってみて、150円と頭の中で変換する人も少ないだろうが、
Y150.横浜150と読ませるわけだが、港が開いた150年目のお祝いに、蜘蛛がやってきて、
うろうろとしているらしい。
これは、まぁ、見ものといえば見もの。
迎え撃つ横浜の表現者たちは、すでに蜘蛛の天敵を考え始めているらしいが、あまり興味がわかない。
いじらしい表現のコールアンドレスポンスを予定通り撮影記録されたものを見つつ、なんか懐かしい感じがするなぁ。と思う。
計画された事柄に、隙がないのだ。


ナントへも行かなければなぁ。

「蜘蛛」
漢字検定の理事がなにやら、延々と不思議な態度で生きているのを横目で見つつ、清水寺で
松本 哉が「言」奉納をするらしいことを、これまた、不思議な気持ちで、眺めている。
元来、奉納という行事は、神社で行われるものではなかったか?
それでも、思い返せば、寺の中に、鳥居が進入してきている風景も珍しくはない。
歴史的には逆なのかもしれない。
神社の領域に寺が、どん、と構えている。というか。
しかし、何で清水寺?とあかねでこぼしたら、「寺は金もってるんですよ」と。

何冊かの出版ラッシュがあったらしいが、こちらは、まだ、永井荷風という生き方という本をきちんと読み終わっていない。荷風の生き方をうらやましくは思わないが、何事かを切り捨てて生きてゆく感じは似ているかもしれない。それはそうと、河川のことを調べていたら、松本 哉(父)の執筆に出会って、感心した。
そして、彼のイラストになる、川に浮かぶうち捨てられたセルロイドの人形の姿が、妙に重い浮遊感を漂わせていて、目の付け所が独特だ。スキャンして画像を載せた方がわかりやすいとは思うが、まぁ、このご時勢だし、そろそろ、そういうことはやめにして、それぞれの人生の不思議な空き時間の中で、浮かぶセルロイド人形のイラストに出会えば、それでいいじゃないか。

やんなきゃいけないことが山のようにあり、めじろおし。
それでも、25日のキワマリソウの宿泊予約をしたら、宿泊可能なそうで、あらためて恐縮する。
土、水戸へ行って、日、身と芸(水戸芸)を堪能して、ゆべしでも買って帰るか。
という魂胆である。
[PR]
by docore | 2009-04-19 05:04 | S
<< ろくねんまえ Nu+Man >>



ワンカップフォトス onecup photos 
by docore
カテゴリ
全体
月を運ぶ
ワークショップ
P
E
T
OCR
S
D
O
未分類
フォロー中のブログ
Report 藤浩志企画制作室
ウラゲツ☆ブログ
音楽家 高橋英明
ホームレス文化
イノレコモンズのふた。
  
art blog VOI...
cafe_mearium
NPO法人 BEPPU ...
Edición iman...
246表現者会議
ラディウム - レントゲ...
中崎透遊戯室/NAKAZ...
MAKII MASARU...
アート天国 「虎の巻」2...
路地と人
最新の記事
終夜
at 2014-01-17 02:53
大原大次郎
at 2013-07-28 03:28
芸公の壁
at 2013-01-25 06:25
TAT
at 2012-11-01 06:22
アフター ’(アウターもしく..
at 2012-03-21 01:23
R
メモ帳
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧