「ほっ」と。キャンペーン
English Here
実験 工房 そして
11月16日に渋谷のワンダーサイトで行われた、ラウンド・テーブル2に参加した。
湯浅譲二の「生声」を聞くことが主たる目的だったが、かねてから胡散臭いと思っていた空間の必要性をひしひし と感じることのできた、一晩だった。

ライブ・湯浅さんから感じることができたことは、その先見性と、実験性、そして、戦争体験者としての、号令に対する心底からの反発。
「ボイス・カミング」を会場の全員と聞く前に、必要な現在性を帯びた湯浅氏の説明。
これほど、刺激に満ちた説明を私は、今まで、聞いたことがないが、まったく淀みの無い、透明性に満ち満ちた「彫刻としての声」として、自分の作品と時代、そして、表現や人間、社会に対するコメントが、まるで、新しい音楽のように、静かに「もうひとつの時間」を生み出すように、流れていった。

これには、恐れ入った。


「ボイス・カミング」が会場のスピーカーから流れ始めると、
彼の小指は天使の小さな踊りのように、くるくると回り始めた。

(このことについては、時間を足し続けて、書き連ねてゆきたい・・・)
[PR]
by docore | 2008-11-18 06:01 | E
<< 引き込み 線 KANZAN >>



ワンカップフォトス onecup photos 
by docore
カテゴリ
全体
月を運ぶ
ワークショップ
P
E
T
OCR
S
D
O
未分類
お気に入りブログ
Report 藤浩志企画制作室
ウラゲツ☆ブログ
音楽家 高橋英明
ホームレス文化
イノレコモンズのふた。
  
art blog VOI...
cafe_mearium
NPO法人 BEPPU ...
Edición iman...
246表現者会議
ラディウム - レントゲ...
中崎透遊戯室/NAKAZ...
MAKII MASARU...
アート天国 「虎の巻」2...
路地と人
最新の記事
終夜
at 2014-01-17 02:53
大原大次郎
at 2013-07-28 03:28
芸公の壁
at 2013-01-25 06:25
TAT
at 2012-11-01 06:22
アフター ’(アウターもしく..
at 2012-03-21 01:23
R
メモ帳
ライフログ
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧