English Here
KANZAN
池田晶紀の写真を見に行く。

とても良かった。

赤坂にある建物の一階にあるんだけれど、なんだか地下にいるような気にさせられる不思議な空間は、プロデューサーに聞くところによると、みかん組がリノベーションをした。と。
まぁ、壁をはがしたり、床をはいだり、足したり引いたり、仕掛けたり。ということなのだと思うが、
その「ズコット感」がそこここから伝わってきて、TOKYOまだまだUNDERCONSTRACTION!と妙なイントネーションが脳裏をかすめる。

むくむくと、次のアイデアが沸いてくるのだが、すこし静まりながら、それでも、
「寒山----拾得」というイメージがわき、
京都の拾得ラインとか、横川タダヒコさんと、ちょうど、日本に来ているアマッドとなんかできるといいなぁ。とすでに、池田の写真作品のことを、ぼんやりと忘れて、次へと進もうとしているのは、池田の仕事がすでに完成の域に達する前に、突破していて、作品の力うんぬんの域を超えているからだと思う。

プロディユーサーが優秀なんだろうなぁ。

246BOOKSにも近いし、なんだか、いい感じだなぁ。

落ち着いたら、池田晶紀のことについて、書けると思う。
[PR]
by docore | 2008-11-12 20:39 | 月を運ぶ
<< 実験 工房 そして 最終日に間に合った そして >>



ワンカップフォトス onecup photos 
by docore
カテゴリ
全体
月を運ぶ
ワークショップ
P
E
T
OCR
S
D
O
未分類
フォロー中のブログ
Report 藤浩志企画制作室
ウラゲツ☆ブログ
音楽家 高橋英明
ホームレス文化
イノレコモンズのふた。
  
art blog VOI...
cafe_mearium
NPO法人 BEPPU ...
Edición iman...
246表現者会議
ラディウム - レントゲ...
中崎透遊戯室/NAKAZ...
MAKII MASARU...
アート天国 「虎の巻」2...
路地と人
最新の記事
終夜
at 2014-01-17 02:53
大原大次郎
at 2013-07-28 03:28
芸公の壁
at 2013-01-25 06:25
TAT
at 2012-11-01 06:22
アフター ’(アウターもしく..
at 2012-03-21 01:23
R
メモ帳
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧