English Here
歴史の縦走 どうも、ここが中心地である
昨夜、美学校の4040アートコースの卒制展があることを記憶していて、
隣の公園でタバコを二本吸ってから、階段を上った。

会期としては今日までなので、ぜひ足を運んでほしい。
20時くらいまでだと思う。

美学校  
a0008164_10561947.jpg


ポスト・カードになっている作品は残念ながら昨夜、観ることはできなかったが、
このひざ小僧の、そして黒と青というとりあわせ、に、ニブロールの衣装担当(弟)の顔が
そして運動場の横庭の人工芝、に立つ男のヒトニギリな気概を感じて、階段を上る、降りる
ということを考えながら、会場の扉を開けた。
その扉はかつて、展示の作品のために取り外したことのある扉だ。
それはそのまま収まっている。
いや、そういうことをいいたいわけではなくて、土日の神保町は案外人が少なくて、近所の
梅の湯に入ることをあきらめてでも、見ておいてほしい、展示の内容である。ということを
いいたのだ。

なるほど、主人公は都市においては「時間」かもしれないが、そして個々人の淡い記憶や
表現欲はその大きな推進力のさまたげになるのかもしれないが、やはり、俺はその一点に
賭けてゆくしか、ないのだ。

書けば書くほど、かれらの空間を汚してゆくことをしりつつ、今日は祝祭的な日なので、
俺は深川へ行ってから神保町へ行く。
[PR]
by docore | 2008-04-13 11:13 | 月を運ぶ
<< 正しいパスボール  ドキュメント プリーズ Doc... >>



ワンカップフォトス onecup photos 
by docore
カテゴリ
全体
月を運ぶ
ワークショップ
P
E
T
OCR
S
D
O
未分類
フォロー中のブログ
Report 藤浩志企画制作室
ウラゲツ☆ブログ
音楽家 高橋英明
ホームレス文化
イノレコモンズのふた。
  
art blog VOI...
cafe_mearium
NPO法人 BEPPU ...
Edición iman...
246表現者会議
ラディウム - レントゲ...
中崎透遊戯室/NAKAZ...
MAKII MASARU...
アート天国 「虎の巻」2...
路地と人
最新の記事
終夜
at 2014-01-17 02:53
大原大次郎
at 2013-07-28 03:28
芸公の壁
at 2013-01-25 06:25
TAT
at 2012-11-01 06:22
アフター ’(アウターもしく..
at 2012-03-21 01:23
R
メモ帳
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧